中古携帯(白ロム)とは

###Site Name###

白ロムとは携帯電話に契約者の電話番号などの契約者情報が入っていない状態、もしくは解約や機種変更などによってそれまで書き込まれていた契約者情報が消去された状態の携帯端末のことを指します。

また、「FOMA」、「auICカード対応機」、「SoftBank3G」などのSIMカード(FOMAカードやUSIMカード)を使う機種は、カードが挿入されていない状態(カードを抜いた状態)の端末を白ロムと呼びます。



それら白ロムが携帯電話の中古品として販売されています。

白ロムは日本ではあまり馴染みのない商品として認識されがちですが、海外の携帯電話市場では一般的な商品として認識されています。



白ロムの利点として、契約年数に関係なく、電話番号やメールアドレスはそのままで機種変更(買い増し)が可能なことや、すでに生産終了の機種や、今では手に入りにくいレアものの機種などに変更可能なこと、中古品なので安価に入手できることなどが挙げられます。この中でも、最大の利点は契約年数に縛られずに機種変更が可能なことなのではないでしょうか。

一般的に、ほとんどの携帯電話事業者(DoCoMo・au・ソフトバンクなど)では、機種変更時の価格は利用年数により変わりますが、1年未満(11ヶ月未満)などの利用年数が少ない場合、非常に高価な価格になります。


しかし、上記の通り、白ロムはいつでも、安価に機種変更が可能です。


また、中古品という点では、新品で買うと数万円するiPhoneなどのスマートフォンも数千円という値段で手に入れることも可能になります。


今ではブックオフなどの店頭でも入手可能なものなので、次の機種変更の際にご検討してみてはいかがでしょうか。ソフトウェアというのは幅広い意味を持っています。
ゲームなどもそうであるし、スマートフォンのアプリもソフトウェアの分類になります。

使う上では便利なソフトウェアですが、それが完成されるまではプログラマーたちが体を壊しながらも努力や時間をかけて配信や販売されていることを知っているでしょうか。

改めてになりますが、ソフトウェアは私たち利用者にとってはとても便利なものです。

沢山のソフトウェアは私たちの生活の一部にもなり、今やなくてはならないものとも言えます。

しかし、それができるまでの過程は利用者には恐ろしいものとなっています。



そのソフトウェアを実現するためにプログラマーたちは利用者にはほぼ考えつかないような考えを閃きだし、それをコード化してテストしていくという作業の上にやっと完成しています。

この作業には遅れるということが許されるわけではなく、限られた時間の中でプログラマーたちは戦います。これは自分との戦いでもあり、時間との戦いともいえます。



リリース手前、いわゆる一通り完成しなければいけない日が近づくと何日も徹夜して会社に残って必死になっているプログラマーは多いです。

多いというよりは、この業界にとっては当たり前のことでもあります。
IT業界がブラックと言われる要因はこの部分にあります。ほとんどの人たちが体を壊し、うつ病を患う原因でもあり、続けていくには根気だけではやっていけない業界です。

使い捨てとも言われる業界で働いている彼らの努力がなければ、便利なソフトウェアは完成していません。

スマートだとかかっこいいイメージがあるITですが、やっていることは意外と地味であり、そこで働く彼らの存在は私たちの生活に深く関わるほど大きいのです。

なぜ、私がそんな話を知っているかというと知り合いの先輩に教えていただいたからです。
先輩たちの苦労があってこそ、私たちの生活に便利というものが提供されているのであると、私は考え、話を聞いてからは意識するようになりました。
ソフトウェアは確かに便利です。
あるのとないのとでは使い勝手が違います。




しかし、この便利さへとたどりつくまでにプログラマーたちの先の見えない中での戦いと努力があったことを私たちは忘れてはいけません。

彼らがいなければ便利なソフトウェアは完成していないのですから。

http://qa-top.tsite.jp/faq/show/26968?site_domain=qa-game
http://smany.jp/2621
http://okwave.jp/qa/q8728687.html